トップページ > スタッフコラム > フリーズライフ > よくある質問|中古物件をリノベーションという選択肢

スタッフコラム

2020.06.29

よくある質問|中古物件をリノベーションという選択肢

こんにちは。

フリーズライフです。

今、マイホームをご検討されている方

✓ リノベーションをし、すべてが新しくなるといっても、ピンとこない。
✓ 見ているうちにやっぱり支払いはきつくなるけれど、新築がいいかも。
✓ おしゃれにこだわりたいけど、諦めて建て売りにしよう。

…そんな風に思い始めた方もいるかもしれません。

現実的な「予算」と、やりたいことがマッチしているなら注文住宅を1から建てるという選択肢が上位にあがってくるでしょう。

それでも私たち、フリーズライフは中古リノベーションをおすすめしたい。
そのおすすめポイントはまさにお客様からよくご質問いただく「不安要素」

これを取り除いてあげると、予算を抑えてこだわりの空間に住むことができる、中古リノベーションがとても良いものだとわかっていただけるかと思います。

【よくある質問】実際見てみないと、想像できない

フリーズライフのリノベーション済み物件をご見学ください。

施工事例を詳しく見たい方、実際に話を聞いてみたいという方は是非リノベーション物件ツアーにご参加ください。

実際に見て施工技術をお確かめいただくことで安心していただけるかと思います。

現在販売しているフリーズライフの物件は、ほぼ全面改装になっております。

マンションを一からリノベーションすると新築以上に自分の価値にマッチした空間づくりが可能なのです。

 

【よくある質問】以前住んでいた方の家のにおいや生活感が気になる

設備機器はもちろん、フルリノベーションすることで新築同様の空間に生まれかわります。

物件探しをして内覧すると、どうしても中古のイメージがついてしまい、なかなか気持ちが乗らない方も多いです。
実際にどのような工事をするか見ていきましょう。

【着工前】張替のされていない畳

昭和を感じるキッチン。対面だけど壁に囲われていて開放感があまりない、セミクローズなキッチン。

この物件をほぼスケルトン(柱などの躯体部分のこと)だけにして工事を行いました。

【工事中】

徐々に石膏ボード(壁にほどこされている黄色みのボード)が組まれてきました。
まだまだ完成にはほど遠い状態です。

さらに10日が経ち、内装工事が始まりました。
建具や棚が取り付けられ、だんだんとお部屋の雰囲気がわかってきました。

工事中も、傷がつかないよう大工さんや設備業者の方がしっかりと養生し、片付けも丁寧です。

さらに1週間がたち、設備が入ってきました。扉からスライドの収納に変わっただけで随分雰囲気が変わります。
シンクの前は壁を取り払い、部屋全体が見渡せるようになりました。

もちろんお風呂も新設。

設備機器が新しくなると、それだけでも新築のような雰囲気になりますよね。

いよいよ完成です。

今回はよくある疑問な中でも、写真で伝わりやすい施工前、施工中の様子をお伝えしました。
施工事例を詳しく見たい方、実際に話を聞いてみたいという方は是非リノベーション物件ツアーにご参加ください。

よくあるお客様からの質問コーナーはまた連載します!是非ご覧くださいね。

不動産事業部|free’s Life(フリーズライフ)

ページの先頭へ

Copyright(C) free’s life All rights reserved.